リスクのある免許

リスクのある免許

民事再生は住宅ローンも含む重債務に悩んでいる利用者を念頭においてマンションを手放すことなく経済的に立ち直るために公の機関を通した債務を整理する選択肢として2000年11月にはじまった法律です。

 

民事再生制度には、破産手続きと違って免責不許可となる要素はありませんので散財などで債務ができたようなときでも民事再生手続きは問題ないですし、破産手続きにより業務が行えなくなるリスクのある免許で仕事をされている方でも制度の利用が行えます。

すべてにおいていい

破産手続きの場合はマイホームを残しておくことはできませんし、その他の債務処理では、借金した元金は完済していかなくてはなりませんので、住宅ローン等を含めて払っていくことは現実として難しくなるでしょう。

 

とはいえ、民事再生による手続きを取れれば住宅ローン等を除く借入は相当なものを削減することも可能なため、ある程度余裕に住宅のためのローンを払いながら残りの借り入れ分を払っていくようなことができるということになります。

 

しかしながら、民事再生という方法は任意整理による手続きまたは特定調停といった処理とは違い一定の借り入れだけを除いて手続きをすることは許されませんし、破産手続きの際のように借り入れ金それ自体なくなるということでもありません。

 

くわえて、これとは別の解決手順と比べて若干簡単ではなく時間が必要ですのでマンション等のローンがあって住んでいる家を維持したい場合等以外において、破産手続きなどその他の方法がない際における解決方法としておいた方がいいでしょう。

 



関連記事

  1. 大掃除は12月からはじめます
  2. 県民共済 2型
  3. エステ通いの料金はどれくらいかかるの?
  4. 意外と気になる箇所
  5. リスクのある免許