即ロスカット

即ロスカット

外為取引の経験の浅い方がマーケットのポイントを押さえるには、まず初めに注文を積み重ねることが重要です。

 

直前にリスクを察知できるようにするには間違いを積むことも重要です。

 

無論、負けたといっても、再起できないほど大きなミスをする事は問題外です。

 

取り戻せるぐらいの間違いを数回実践する事が結論として己のレベルを上げてくれます。

 

れを考えると、まず最初は小さな額で売り買いをしてそこで数回簡単なミスをすることを推奨します。

 

一例として、100万円だけしか投資に回すお金のない人が、はじめから全部使ってトレードすると、失敗した時、金輪際元に戻せない可能性があります。

 

それよりも、仮に少しずつ分けてエントリーして、これによって勝ち負けを積んだ方が着実に間違いを減らす術なども学んでいくはずです。

 

少ない額でトレードする事の良いところは先に言及したように、あなたの経験を増やし、負けを管理する方法を学んでいく事にありますがそれと同時に、トレードの回数を多くする事で危険性を削減する事ができるという価値もあります。

 

仮定として、1回限りの売買で勝率が二分の一だと考えます。

 

言い換えると、同じく5割の確率で損が生じる危険性もあるということになる。

 

勝率50%ということは半分半分の比率で勝てることを示しています。

 

だが、全ての投資資金をつぎ込んで仕掛けをするということは、勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

 

そのままでは賭けと同じです。

http://imohir.meblog.biz/

つまり、全てを賭けて1度しか取引をしないとこれだけでは損する可能性が高まってしまうのである。

 

これを回避するために、投資するお金を全部投入するのではなく、少しずつ分けて、回数を多くすることがリスクコントロールとなります。

 

また何度かに分けたとしても、すべての取引で勝利する事は重要ではありません。

 

勝利する事が出来ないのが現実です。

 

勝負で肝心なのは勝つ回数ではなく、どれだけプラスに出来るかです。

 

勝率が2分の1でも、たとえ5割以下でも利益を上げる事が出来ます。

 

負ける確率が高くてもその損益が少額ならば、3割の勝利のプラスの大きさだけで十分に利益を上げる事が出来ます。

 

そのために不可欠な事は、損を少なく、利益を大きくを心がけることだ。

 

マイナスになったら即ロスカットして反対に稼げる場面ではなるべく大きく利益を上げることが、外為取引初心者がFXでプラスになるための極意です。

 



関連記事

  1. 借金地獄
  2. 即ロスカット